IPO(新規上場)が期待される企業・ベンチャー企業情報サイト

IPO村

新規上場/IPO期待

【IPO期待】GLM株式会社 京都大学発EV自動車メーカー 

更新日:

基本情報

会社名 GLM株式会社
所在地 〒612-8418 京都府京都市伏見区竹田向代町74-3
URL https://glm.jp/
代表者 Julian Alexander Carr
事業内容 環境対応自動車の開発・販売 それに付随するサービスの開発
資本金 32億2914万円(資本準備金、資本性ローン含)
株主 We Solutions limited(HK  0860) http://www.wesolutions.com.hk ※おそらく100%取得

業績情報

 

単位:百万円

年度 2016年3月期 2017年3月期 2018年3月期
売上高 88 203 175
当期純利益(△損失) △812 △794 △2,032
資本金 1,246 1,519 1,553

事業内容

事業内容は主に2つに分類されます。

①完成車事業

2シータ スポーツEV     Tommykaira ZZ  99台限定 価格800万円

4シータ スパーカーEV GLM-G4(開発中止を発表:2018年3月7日)

以上の車種を自社ブランドとして開発・製造・販売を実施している。

 

②プラットフォーム事業

主にTommykaira ZZのプラットフォーム(ボディカウルを外したパワトレ等を含んだ車台)を用いて、 共同開発を実施ている。

開発実績には自動車メーカーtelia1,2メーカーを始め、自動車業界に新たに参入を目論む企業もある。

参考例: 旭化成とのコンセプトカー共同開発

  京セラとのコンセプトカー共同開発

管理人のコメント

京都大学発のベンチャー企業であり、注目の西日本ベンチャー100Nextユニコーン企業としても取り上げられたGLM株式会社。

上場を期待して待つ方も多いのではないでしょうか?

多額の開発・設備投資金額を必要とし、新規参入は考えられえない自動車業界に現れた、正に日本の期待を一身に背負ったベンチャー企業の一つと言っても過言ではありません。

Tommykaira ZZは2シータでエアコン等もなしのピュアスポーツカー。。それでいて800万円はなかなかのお値段だと感心していたら案の定、売上や利益などのはほとんど計上されていません。しかしそれを忘れるほど期待感で成り立っている感覚です。

私も個人的に応援しています。

特に惹かれたのはGLM-G4です!デザインが秀逸だと思いませんか! (当然、賛否両論ございますが。。。)

以下はGLM-G4のパリモーターショーの発表の様子です。

もちろん、この当時はあくまでコンセプトカーなので突っ込みどころが満載です。後部座先に絶対頭当たる、ピラーが無くて衝突試験絶対耐えられない、量産設計を考えると有り得ないかもしれませんが、それでも突っ込んでく、チャレンジする、それでこそベンチャー企業だとワクワクしたものです。残念ながら開発中止を発表されましたが。。。それはそうかと、当然といえば当然です。何せよ開発には莫大な資金がかかりますから。

日本のお家芸でもある自動車メーカーを見ても開発費用約1,000億円を投下しています。方やGLMの業績情報を見てみると資本金等が31億円しかありませんから1/10にも満たず、全く足りません。(We Solutions limitedから約68億円の第三者割当増資はどうなったのでしょうか?なぜか長期借入金が増えているのでもしや。。)

もっと言うと開発費用を回収するまでに3~4世代(同車種をモデルチェンジして販売する回数)は必要であることから資金の圧倒的不足が否めません。

しかし、可能性が少しでも秘められているのではないかと考え親会社であるWe Solutions limitedを少々調べてみました。

HPを拝見する限り、3つの企業を傘下に置いて事業を進めているようです。

1.GLM

2.Divergent 3D      事象内容:3Dプリンターで車の部品を製造。コストを大きく抑えることができる。

3.EV Power Group  事業内容:EV充電器の設置サービス

ざっくり言うと、GLMを中心としてEVで覇権を握っていく方針のようです。それであればまだG4復活に期待が持てるのでは?と思ったのもつかの間で、直近の理リリースでAPOLLO社の40%株式取得が発表されました。え?APOLLOといえば”IE”ですよね。G4を諦めてIEの後継種でも開発するのでしょうか?

どの企業も先行投資型なのでWe Solutions limitedも大きな赤字続きです。しかしそれ以上に気がかりなのが資金調達です。前述したように、車の開発となると圧倒的に資金が足りません。不足分をどのように調達するか経過を見守る必要がありますね。ただしバックにはアジアナンバー1大富豪の呼び声高い李嘉誠様(英語:Li Ka Shing)がいらっしゃるので本気?をだせばいとも簡単に調達してしまう側面も見えます。

IPO(新規上場)の可能性についての考え

上場という観点で見ると、ここから3~5年は少なくても無いとみています。香港企業の完全子会社であること。GLMの代表者が直近交代していること。親会社を含め大きな赤字であること。が理由として挙げられます。もし日本市場で上場を挑戦すると、子会社上場となり基準が厄介なので工数が相当かかることを覚悟しなくてはなりません。ですのでGLMは単体で上場しなくても親会社の香港市場で調達できるのであれば問題ないかもしれません。

ネガティブ要素を多く記載してしまいましたが、個人的には上場関係なく応援しています。この手の産業に関わらずですがアメリカに大きく遅れをとっていますので、GLMが技術力で追い越すその日を待ち望んでいます!

 

-新規上場/IPO期待

Copyright© IPO村 , 2020 All Rights Reserved.